いやし日記。

第18回合同献灯祭開催

おはようございます。

すっかり梅雨になりました。

さて、6月の献灯祭のお知らせです。

6月21日土曜日午前10時から天王寺ペットメモリアルにて開催いたします。

献灯祭もサマータイム制を導入。先月より朝の時間帯になりました。

夏の午後2時の大阪って、殺人的な暑さの日もあったりします。半そで仕様の間は早起きしてペットちゃんたちに会いに来てください。お待ちしています。

 

先日、私たちのところでお別れさせていただいたご家族様が電話をくださいました。ペットロスで悩んでおられるとのことでした。お聞きしたら、食べられない、寝られない、気持ちをコントロールしにくくなっているなどなど、少しづつ話してくださいます。なくなられた子がいかに特別だったかも切々を語ってくださいました。

ペットロスは、どの人にも多かれ少なかれ、いろんな場面で現れることがあります。

まずは、心も体も無理をされないこと。あまり悲しんだらこの子が心配するから…、元気にならなきゃ。と、無理をされる方が多いようにも感じます。もちろんそこから回復される方もたくさんおられますが、たくさんお世話をしてめいいっぱい愛情を注いだ子たちです。少しくらい心配させたっていいじゃないですか。くよくよしている時間もいつもの元気を取り戻すためになくてはならない大事な時間です。この時間をきちんと取られた方と、そうでない方は、その後の回復の仕方が違ってきます。

もちろん個人差はありますから、一人ひとり回復への道のりもかかる時間もまったく違います。

めいいっぱいお世話をし愛情を注いだこの子にも、周りで見守ってくれている大切な人たち動物たちにも、「ごめんね。くよくよして、心配かけて…。この子にも家族にも申し訳なくて。」というのでなく、「そばにいてくれてありがとう。くよくよさせてくれてありがとう。私のことを心配してくれてありがとう。」と言ってください。「ごめんなさい」と言いたくなったら、「ありがとう」と言い換えてください。

献灯祭では、たくさんの「ありがとう」を言ったり、聞いたりすることができます。ぜひお越しください。

 

愛と感謝を込めて…

安希

 

フリーダイヤル24時間365日対応